大規模SIでのテスト自動化エンジニアの地位

本当の意味のプログラマーに対して、PG、SEとか侮蔑のキーワードで呼ばれるSI業界ですが、その中でのテスト自動化エンジニアの立場はというと・・・、

PG,SE以下ですね

本来各フェーズで確保されるべき品質と除去されるべき欠陥が適切な状態で各レベルのテスト自動化を担当できるなら問題ありませんが、そのどちらも満たされたない状態、つまりどうしようもなくなった状態で、前フェーズへのフィードバックもできない状態で自動化を無理やり進めるというのが大規模SIでのテスト自動化エンジニアの役割です。

6次受けのPGだって僕らよりもましな立場なんじゃないかと思うこと多々あり、まあ、それゆえに大規模SIでのテスト自動化エンジニアの道をあきらめたわけですが、理想はWモデルのように本当に初期のフェーズからテストエンジニアが開発に関われることですよね。

ソーシャルの世界でそれがどこまでできるかはわからないのですが、企画段階からQAやテストエンジニアが加わるっているとのお話を聞いて、Wモデルや検証指向TDD、設計に対するテスト容易性の確保などが、テストエンジニアの立場からフィードバックできるとしたら非常に良い環境ですよね。もちろん、100%そんなことをできるとは思っていませんが、絶望しかない世界よりも、少しでもできそうな希望を持てる環境を一度は体験してみたいですよね。ということで、どこまでできるかわかりませんが、そういう開発スタイルを目指していきたいなーと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中