読了 iOSデバッグ&最適化技法 for iPad/iPhone

http://amzn.to/iPaBLn

Objective-Cのリファレンスカウンタ式のメモリ管理は結構厄介で、iPhone/iPadのアプリが落ちることも多いのも、このメモリ管理システムをうまく使いこなせていないというか微妙に難解なのが理由じゃないかなと。

最初のページを見ると一見入門書なのですが、ページを追うごとに結構ディープになってきて、C/C++、Java等の多言語のメモリ管理の事前知識は必須かなと思いました。後半の最適化も初めに失敗パターンを見せて、リファクタリングしていく過程が理解しやすくてよいです。

もちろん、iOSのメモリ管理、デバッグ、テスト、最適化については本書だけでは足りないので、後半、Appleのサイト頑張って読んでねというリファレンス紹介がたくさんあります。

AndroidもiPhoneも一見とっかかりは簡単に見えるのですが、実際それなりの商用レベルのアプリを作ろうとすると、下手するとサーバーサイドのTransaction Scriptなシステムよりはるかに深い知識と経験が必要とされる世界(特にゲームやグラフィックス系アプリ)なので、さまざまな勉強と実践が必要なドメインですね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中