読了 JavaScriptパターン ―優れたアプリケーションのための作法

http://amzn.to/l6AVcH

実はまだ完全読み終わったわけじゃないのですが、主要部は読み終わったので感想おば。

JavaScriptのデザイン・パターン、コーディング・パターンの本なのですが、どちらというと、アンチ・パターンととその対策が数多く紹介されており、アンチ・パターンを避ける事前知識として役立ちます。JavaScriptはわかりにくいバグの原因となる注意しなければならないアンチ・パターンが数多く存在し、気を付けないとはまる場合が多いので、それを事前に知っていて防衛的にプログラミングするかしないかでずいぶん生産性が変わってきます。

特に、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語であるJavaScriptで無理やりクラスベースのオブジェクト指向をやろうとするときのはまりポイントについては詳しく解説しているので、Javaの生半可な知識でJavaScriptもできるとか思っちゃっている場合に自分を引き締めるのに有効です。

もうちょっと、高速化のための技法などが欲しかったのですが、残念ながらそこら辺は別の書籍の模様です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中