読了 JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

http://amzn.to/lZKJzd

一言でいうと、「プロトタイプベースのJavaScriptではクラスベースの構文を使うのをやめて、関数型でプログラミングしましょう」という本なのですが、いろいろJavaScript特有のハマりポイントを紹介していて、JavaScriptのデバッグで苦しみたくない人は一読する価値はあると思います。

JavaScriptのLintツールであるJSLintをお勧めしていて、Eclipseのプラグインもあるので常時チェックをしていたほうがいい感じですね。

プログラミング言語で提供している機能には「よい機能」と「悪い機能」があり、「よい機能」を厳選したサブセットの中でプログラミングするほうが、覚える労力も低いし、誤ったプログラミングをすることは少なくなるので、「よい機能」だけを学んで実践しましょうというのは良いアドバイスだと思いました。もちろん、筆者はJavaScriptにツンデレなので、酷い機能や悪い機能も紹介していて、それを避けるためのノウハウも紹介しているのですけどね。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中