読了:ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門

http://amzn.to/qCgfPW

構造化脳の読者向けにやさしくHaskellを解説ということで、まあ、構造化脳というか、情報数学苦手な(OTL、情報学科出身なのに><)僕でもなんとか理解できそうなに書かれています。まあ、中盤ぐらいまでは僕でも理解できたけど、やっぱり、Monadしんどいです。実はこれ超入門なので、ラムダ計算の理論とかきっちり踏まえた上でないと部品を使うことぐらいはできても、ライブラリ(Haskellではモジュール)を作ることはできないかなと思いました。

最終的にはCoqのような証明記述言語にたどり着きたいところですが、まずは本書をはじめとして、比較的初心者にもやさしい入門本で写経を繰り返してというところからちまちま進むというのが無難かなーと思います。読んでいて、かなりしんどかった群論の単位とか思い出しちゃった。その他、チューリングマシン、ラムダ計算とかも1コマづつありましたが、今ようやく多少理解できはじめてますwはい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中